このまま強気で攻めるかどうか?

4日の日経平均株価は、
1万6,735.65円と前日比+136.98円と好調を記録しました。

またドル円も102円台まで回復し、
勢いづいています。
きっかけとなったのが、

3日発表されたISM製造業景況指数。

 

今後はこのまま突っ走って行けるかどうかが、

予想のポイントとなるでしょう。
だけど今強気に攻めるのは、

少々気が引けるもの。

 

懸念となるのがドイツ銀行の動向です。

 

破たん懸念のニュースが流れており、

もし現実に起きてしまうとユーロを始めとする通貨が

ガタガタになるのは目に見えています。

 

また全く先が読めない、

アメリカ大統領選挙の行方も気がかりではあります。
攻めるとすれば雇用統計の動向を見てからにした方が

良いかもしれませんが、何とも言えませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です